委員会活動一覧

テーマ 訪問先社名:MTサロン
日 時 2020年1月15日(水曜日)10時~11時45分
会 場 MTサロン
報告者 MTサロン オーナー 太田利江 様
内 容

雨混じりの寒い朝、我々は吉川駅南口にある「MTサロン様」を訪問しました。
白が基調の明るい店内。オーナーの太田利江さんが、笑顔で迎えてくださいました。

太田さんは2013年に入会されました。入会前から オブザーバーとして、何回も例会に参加され、2012年には研修セミナーにも参加されています。研修セミナーの卒業式で、入会を決意されたそうです。
そのころは、夫の会社で、取締役として、経理や総務を担当。社長を支える立場でした。
入会してファムにも参加。輝いている仲間たちを見て、自分とは違うと感じていました。
久賀さんに「何かやりたいんじゃないの?」と言われたのもこの頃でした。
全国でMTサロンを展開するONDE株式会社の松波社長にお会いし、本社のある名古屋に誘われました。そのころは、美容に関心もなく、軽い気持ちで名古屋に向かいました。
会社で松波社長の話を聞いたのがターニングポイントでした。
自分がお店を経営しているイメージがふっと湧いてきたそうです。
「ONDE」は女性の自立を支援する会社。「喜ばれることに喜びを」という理念に共感した結果でもありました。

MTサロンの開店を決意した太田さんは、毎週のように名古屋に通いました。
肌理論から施術のスキルまで、50歳を過ぎた太田さんにとって、新しいことを覚えるのは楽しくもあり、試練でもありました。
努力の甲斐あって、オーナーの資格を取りました。そこからサロンオープンまでも、大変でした。
資金の調達のために会社を作り、国民金融公庫から借り入れました。いくつかの奇跡が起き、吉川駅前に好条件で店舗を借りることができました。内装は同友会の仲間に頼みました。オープンまでに、友人や知り合いにお願いして、施術技術の向上にも励みました。
ONDEは女性の自立をサポートする会社です。MTサロンのオープン・そしてオープン後も、徹底したサポートを行います。レジの使い方・売り上げや商品管理・顧客情報の管理まで、オーナーが苦労なく動かせるシステムになっています。サロンオープン後のセミナーは、パソコンを使って行っています。遠距離や一人で経営しているオーナーへの配慮からです。

オープン当日は、お店に入りきれないほどのお祝いの花々が道路にあふれました。同友会の仲間や友人・知人がたくさん集まってくれました。
それから1年半。安定した顧客を掴んでいますが、もちろん新規客獲得の努力もしています。地元のイベントに積極的に参加。チラシ配りなどの地味な活動も続けています。またSNSを使って、太田さんご自身やMTサロンの知名度をあげ、友人や知り合いの輪を広げています。
以前は社長をサポートする立場。決定権もない代わりに、大きな責任もありませんでした。
今は、何事も自分で決めなければなりません。責任は重いが、やりがいは大きいと感じています。
太田さんの目標は?5年以内に、埼玉県内にMTサロンを5店舗増やして、代理店になる事。そのためにも、人を育ててプレイヤーからマネージャーになろうとしています。
女性が美しくなれば、自分に自信を持ち、人生が変わってきます。
その事を体現されているのは、太田さんご自身だと感じました。

太田オーナー、お忙しい中、貴重なお時間いただき、ありがとうございました。
参加された東部の皆さん、お疲れ様でした。

参加者:鈴木一朗・岡田・島袋・黒田・藤井毬子・石井芳枝・宇野(順不同、敬称略)
文責:宇野碧留

  • MTサロン オーナー 太田利江さま

  • 施術体験をさせていただきました

  • フェイシャルエステしていただきました

  • 比較のため半分施術の黒田さん、その効果に一同驚きました

  • 最後に参加者で記念撮影をさせていただきました

連絡先
テーマ 会員インタビュー:(株)わくわーく 代表取締役 生沼和明氏
日 時 2019年10月11日(金)
会 場 中央市民会館
報告者 (株)わくわーく 代表取締役 生沼和明氏
内 容

(株)わくわーく 代表取締役 生沼和明様
2019/10/11 中央市民会館



Q1.同友会に入ったきっかけは?

以前短期間ですが、会員だったことがありました。その時は管理者と言う立場でした。2月に起業した際に、知り合いの「らしく」石原さんに誘われ、即入会しました。

 

Q2.同友会で何を学びたいですか?学んでいますか?

以前は雇われていた立場。今は経営者。運営と経営は全く違うと頭では理解していますが、具体的にはわからない。

社長の集まりの中で、いろいろな話を聞き、経営について学びたいと思っています。

 

Q3.同友会に入って良かったことは?

例会に出席したことは、新鮮でした。いろいろな職種の人と会い、それぞれの考え方を聞けるのが新鮮でした。

 

Q4.同友会に入って困っていることは?

困ったことは、何もありません((笑)

 

Q5.御社は一言でいうと、どんな会社ですか?

介護保険事業と地域密着型コミュニティー事業を手掛けています。

介護に携わって20年になります。介護のお手伝いと、味噌を貸し借りするような地域コミュニティーを作りたいと思っています。

 

Q6.会社や仕事を忘れるくらい好きなことはありますか?

以前から関わっている地元自治会の総務部長を、今年お受けしました。

退会者や高齢者の問題を抱える中、どうやったら組織立っていけるか、

毎週のように自治会館に通っています。

 

Q7.社員や顧客とコミュニケーションをとるのに心がけていることはありますか?

自分自身が「喜ばれ体質」を目指しています。喜ばれるにはどうしたら良いか、どんなコミュニケーションを取ったら良いかを、日頃から考えて行動しています。

 

Q8.普段やらないと決めていることはありますか?

人の悪口は言わない。人の悪いところは見ないようにしています。

 

Q9.社長ご自身はどんな人ですか?(動物に例えると?)

昨日、社員に「マグロ」と言われました。マグロは止まったら死んでしまいます。

どうしていろんなことをやり続けるのですか?と聞かれました。

 

Q10.判断に困ったとき、決定する基準は何ですか?

「欲しいものは買わない、必要なものは買う」

必要なものでも、代替えは無いか?工夫できることは無いか?違う発想に結びつけるようにしています。

 

 

文責:広報委員会宇野

連絡先
テーマ 越谷産業フェスタ2019
日 時 2019年11月30日〜12月1日
会 場 越谷市総合体育館
報告者
内 容

1日目ダイジェスト紹介


【越谷産業フェスタ2019 埼玉中小企業家同友会東部地区会のご紹介】
東部地区会 広報委員会 宇野碧留委員長



【出店者紹介】

㈱リレース紹介


コアプランニング


CDOT株式会社


DREAM FUTURE


MTサロン


株式会社山崎メディアミックス


レイラ化粧品(株式会社ふじ)


こしがやエフエム


忠保

連絡先
テーマ 訪問先社名:株式会社アドバンスサービス
日 時 2019年9月27日(金曜日)10時~12時
会 場 株式会社アドバンスサービス
報告者 株式会社アドバンスサービス 代表取締役社長 永島信之 様
内 容

9月の東部地区広報委員会の企業訪問は、9月27日、株式会社アドバンスサービスさんに伺
いました。
㈱アドバンスサービスさんは越谷市平方にあり、1997年設立、ビル清掃、定期清掃、ビル
メンテナンスを主事業としている会社です。
永島社長、社員さんの出迎えをうけて、社員さんの書いた模造紙が張られた会議室に……
第24期の経営計画書をめくりながら来期のスローガン「挑戦」をはじめ、理念、ビジョン
などについて熱く語っていただきました。
「日本をキレイで元気な国に」を経営ビジョンに、「豊かな暮らしの応援団!」として清
掃全般の他にもハウスクリーニング、家事代行サービス、庭の手入れ・植栽選定、リフォ
ーム・内装工事、エアコン分解・クリーニングなど痒い所に手が届くようなサービスを柱
に、事業を全国的に展開したいと、永島社長の目標は大きく、力強く語っておられました

そのために、現在、東京・大阪・名古屋・福岡・横浜・千葉・西東京・埼玉に支店を置き
、営業だけの部署は作らず、営業と現場は同じ社員が担当し、社員一人一人が営業、お客
様との距離を近づけるというやり方を徹底しているとの事。
会社の発展はこの経営計画書をいかに使い込むかにかかっている。社内の会議ではいつも
計画書を広げてやっているということでした。
永島社長の熱いお話に聞き入っているうちに予定の2時間があっという間に過ぎ、そのあ
と効率よく整頓された事務所を拝見し、社員さん達から丁寧な説明をしてもらいました。
私が興味を惹かれたものは、その機能的な事務用品などの収納で、まるで文房具屋さんの
ように備品のホッチキス、ホッチキスの針、定規、ポストイットなどなどが、それぞれま
とめてすぐ取れる回転する棚?、に掛けてあったこと! これなら総務の人に頼まなくて
も必要な時にすぐ手にでき、欠品も一目瞭然! いいなーと思いました。
永島社長、社員のみなさま、お忙しい中ありがとうございました。
参加された東部地区会のみなさん、埼葛地区会の水野さん、お疲れ様でした。

参加者:加藤茂・宇野碧留・澤石順一・石井芳枝・盛下元・黒田兼一・田村敏行・藤森正信・鈴木康三郎・鈴木一朗・藤井毬子 <埼葛地区会>水野浩美 (順不同、敬称略)

記事:藤井毬子(広報委員)

  • 株式会社アドバンスサービス 永島信之社長

  • 永島社長より事業の説明がありました

  • 永島社長と記念撮影。永島社長ありがとうございました。

連絡先
テーマ 東部・埼葛地区 8月合同例会 発行文化を継承する「職人」のこだわりとブランド戦略を知る
日 時 2019年8月23日
会 場 醤油王国→日高アリーナ(弓削多氏 報告講演会)→サイボクハム
報告者 弓削多醤油㈱ 代表取締役 弓削多洋一氏
内 容

8月23日幾度も親睦を重ねてきた「埼葛地区会」と共に開催した「東部地区会・埼葛市区会8月合同例会」

親睦を深めると共に学びある合同例会にしよう!という目的の元に、同友会会員企業から実践的な学びを得ようとご依頼したのが、西部地区会 弓削多醤油(株)弓削多洋一氏。

早朝より春日部駅に集合しバスにて会話を楽しみながら日高へ。
先ずは日高市内外問わず多くの方が訪れる人気スポット「醤遊王国」にて弓削多代表が自ら工場案内。幾つもの木桶に仕込まれた大豆や麹の芳醇な香りに包まれながら製造について学び、併設のショップでお買い物を楽しむ。
そして会場を移し、弓削多代表より「日本の発酵文化を継承する「職人」のこだわりとブランド戦略を知る」というタイトルの報告。
日本の食文化に欠かせない「醤油」と「発酵」のこと、そしてブランド戦略の鍵となる木桶と職人としての探求心、海外での需要が増えている日本食ブームやオーガニック分野での海外戦略と今後の展望について等、西部地区会や他地区、ゲストなど総勢33名が引き込まれる貴重な報告から気づきを得る時間となった。

濃く深い時間を堪能した後は、会員間で更なる親睦を深めるべく「サイボクハム」にてジューシーな豚肉や地場野菜でのBBQタイム!笑い語りお腹も満たされ、その後のお買い物や温泉などのフリータイムを更に皆で楽しみ、学びと親睦に溢れた充実した合同例会となり、参加された方からは「素晴らしい例会だった!」というお声を頂き、無事に丸一日の長い例会を終えることができた。

記事 榎本

  • 人気の工場見学「醤油王国」で醤油づくりを見学しました

  • 醤油づくり工程を弓削多代表から伺いました

  • 生憎の雨でしたが2班に分かれ説明を受けました

  • 日高アリーナにて弓削多代表より報告講演が行われました

連絡先

(株)電翔

  • コアプランニング
  • 丸越運輸倉庫(株)
  • (株)ナカミツ

pページの先頭へ