DREAM FUTURE代表 小川洋一氏 | 埼玉中小企業家同友会東部地区会

インタビュー

DREAM FUTURE代表 小川洋一氏

2019年08月09日

DREAM FUTURE代表 小川洋一氏
2019年8月2日(金)

 

 

1.同友会に入ったきっかけは?

小川:商工会のチラシに同友会の案内のチラシが入っていました。興味を持って会合に参加しました。会の盛り上がり、熱い気持ちに感銘し、ぜひ入会したいと思いました。

 

2.同友会で何を学びたいですか?学んでいますか?

小川:いろいろな経営者の方の考え、異業種の方から見た自分の事業の在り方を参考にしてみたいと思います。

 

3.同友会に入って良かったことは?

小川:あまりにたくさんあるので、語りきれません。自分が変わってきていると感じています。刺激が大きいです。その中で、もっとより良い経営者になれるように努力できると痛感しています。

 

4.同友会に入って困っていることは?

小川:特に無いです。懇親会が多いと感じています。ざっくばらんに話せる場なので、有難いです。

 

5.御社は一言でいうと、どんな会社ですか?

小川:タオルという素材を販売しています。利用していただく方に、夢・ドリームを販売することがテーマです。利用する人の将来的なドリーム、お守り的な存在。自分の夢の投影、夢を描いて欲しいと思います。

 

6.会社や仕事を忘れるくらい好きなことはありますか?

小川:イラストレーターとデザインをやることがあります。デザインをしていると時間を忘れ、気が付くと6時間たっていたこともありました。デザイン的な事、クリエイティブな事が好きです。

 

7.顧客とコミュニケーションをとるのに心がけていることはありますか?

小川:以前聞いた言葉に「耳は2つ、口は1つ」があります。聞くのを2、話すのを1にする。まず相手の言うことを聞いてからこちらの意見を話す。
相手のスタンスから、フィードバックをする。話し過ぎないことを
心がけています。

 

8.普段やらないと決めていることはありますか?

小川:やらないと言うより、やると決めることが多いです。時間を有効に使いたい。何を優先してやるかを決めることが多いです。

 

9.社長ご自身はどんな人ですか?

小川:学生の頃は「バッタ」と言われていました。性格的な事を含めて言うと、
長距離を走る動物、(例えば)シマウマとか、ひたすら走っている。

 

10.判断に困ったとき、決定する基準は何ですか?

小川:デザインでも同じですが、一晩寝かせます。次の日には、違う考えが出てきます。迷ったときは、とにかく寝て、次の日考えます。

 

詳しくは動画をご覧ください(広報委員宇野碧留)

(株)電翔

  • (株)ナカミツ
  • 丸越運輸倉庫(株)
  • コアプランニング

pページの先頭へ